スポンサードリンク

 

hand-517114_1280

厚生労働省の制度

臨時福祉給付金とは消費税率の引き上げの負担増を和らげるために

低所得者を対象に給付金を支給する制度です。

厚生労働省が実施している制度ですから条件に当てはまる

日本に住む全ての方が対象なので確認しましょう。

今回は臨時福祉給付金についてご紹介します。

毎年内容が変わるのでチェック!

平成26年4月から消費税が5%から8%に上がりましたが

消費税は生活費に課税されるものですので所得の低い方でも

出費が増える原因を作り出します~

これでは増税によって低所得者の生活が苦しくなってしまいますが

臨時福祉給付金があれば負担増を緩和できる効果が期待できるでしょう

臨時福祉給付金は消費税率が上がったときから実施されてきた制度ですが

毎年内容が変わっていますので前年度に実施した内容は通用しません☆

本年度に実施する条件や内容をきちんと確認して

申請するようにしましょう(*’▽’)

coins-1015125_1280

条件が合えば子供でも大丈夫◎

低所得者に臨時福祉給付金が支払われるものの対象者の

基準になるのが住民税です

平成29年度に実施の臨時福祉給付金の場合前年度に当たる

平成28年度分の住民税の課税対象になっていない

人物であることが条件となります◎

大人はもちろんのこと条件さえ合えば子供でも

支給対象になるのでチェックするといいでしょう

対象にならない方は平成28年度分の住民税が課税されており

スポンサードリンク

その人物の扶養家族など生活の面倒を見てもらっている方は

受け取れません~

生活保護やそれに準じた給付を受け取っている人も対象外です!

さらに平成28年度に実施された臨時福祉給付金の対象になった方も

条件として必須でしょう◎

boy-183306_1280

負担を減らそう!

3,000円が支給されましたがこれを受け取った方なら対象になりますから

思い出してみましょう

対象者であれば3,000円を受け取っていない受け取るのを

忘れた方でも可能ですから安心してください(*’▽’)

申請書に必要事項を記入して提出すれば支給額の

1万5000円を受け取れるでしょう◎

1人当たりですので両親と子供1人が対象なら

その世帯で合計4万5000円が受け取れる計算です☆

この分を増税分の負担を和らげるように上手く使っていきましょう!

平成28年1月1日の時点で住民票がある市町村に申請書を提出します◎

基本的に対象者のいる各家庭に郵送で送られてきますので

その書類内容に従って提出するだけで構いません

郵送のほか市町村窓口で直接提出する方法があります◎

同時に本人確認書類の提出を求められるケースが多いですから

事前に用意しておきましょう!

申請した後しばらくして申請書に記入した指定口座に給付金を

振込んでくれます♪

市町村窓口で直接現金で受け取れる場合もあるので臨時福祉給付金については

厚生労働省のホームページをチェックするといいでしょう!

厚生労働省のホームページはこちらから♪

owl-158418_1280 (1)

Pocket